Scapegoat -epilogue-

「大木ってさ、俺とやりたいって思ってんの?」
「えっ…!?」
 川口の唐突な質問に、俺は思わず食べかけのチキンナゲットをトレイに落とした。
 学校帰りに寄ったファーストフード店で、ハンバーガーを食べながらする話題じゃないだろ。
「だって付き合ってたら、結局最後にはそういう事するじゃん?」
「…あ、ああ、まぁね。」
 いつかはこういう話題が出るだろうってわかってはいたけれど、いざとなるとどう言ったらいいものか。話をふってきた川口自身は、相変わらずしれっとした顔でハンバーガーを食べ続けている。
 そりゃあ川口と付き合う事になってから、俺自身何度も考えてきた事だった。
 最初はあんなに緊張してガチガチだったキスも、回を重ねる毎に馴染んでいって。
 体育館裏で貪るように求め合うキス、玄関の靴箱の影で人目を忍んで掠めるようなキス、黄昏時の公園で並んでベンチに座ってそっと交わす優しいキス、そんなキスの連続の先に、いつも不安と期待が交じる行為が見え隠れしていて、それを川口自身が求めているのもなんとなく気づいていた。
 俺だって普通に健康な15歳だし、相手が女だったら多分とっくにやってたと思うし…!!!
 でも川口は男だ。色眼鏡ではどんなに可愛く見えても、あいつには俺と同じものがついてる。
 ついてるから嫌だってわけでもなく…どういう手順を踏んでいいのかわからないって事が問題だった。
 "男同士でやる"ってのは結局どういう事なのか。だいたい川口の言う"やる"って定義はどこからどこまでを指して言っているのか。それさえもわからない。
 っつーかぶっちゃけ怖い。
 一年の頃、部活のミーティングが終わらなくて遅い時間に部室のある校舎へ行った時、野球部の部長とサッカー部の部長がおかしな事になっていたのを見た事がある。夕方で薄暗くて、はっきり何をしてるかわからなかったけど、二人共ユニフォームから制服に着替え終わってて、でもサッカー部の部長のYシャツははだけてて、ズボンも膝までずり落ちてて、あああ、それ以上はもう思い出したくない。あの時俺はすごく気持ち悪くなって、家に帰ってから熱を出して寝込んだ。

 そんな俺がどうして川口っていう男を好きになってしまったんだろう。
 3年になってから同じクラスになって、気づいたらあいつの事ばっかり考えるようになって、付き合ってから一目惚れだったんだって気づいた。
 人のことすぐ殴るし、言葉遣いは汚いし、短気だけど…ヤキモチやきで、まめにメールしてきて、別れ際にそっと手を握ってくる川口は…外見だけじゃなく中身も可愛いと思う。
 普段あれだけ強がってるくせに、キスする時はギュッと目を閉じてせつなそうに眉をひそめて、必死に俺を受け入れようとする健気なところもある。
 そんな川口とキス以上の事をしたら、俺は一体どうなってしまうのか…

「何ニヤニヤしてんだよ、気持ち悪ぃーなぁ」
 コーラの入った紙コップのストローを噛みながら、威嚇するように川口が俺を睨む。
「へっ?ああ、いや…」
「やらしー事考えてたんじゃねーの?」
「…っ!んなことねーよ!!」
 やっべ鋭い。とにかく俺は川口の気持ちに応えるべく、何らかのアクションをとらなくちゃいけないと再認識した。


                  *


 自動ドアが開くと夕焼けで一面オレンジに染まった景色が飛び込んできた。
 ファーストフード店を先に出た川口が、バス停とは反対の方角へ歩いていく。
「か、川口、そっちは…」
「んだよ、大木は帰りてーの?」
 そっちはよく行く公園のある方だ。って事は、イチャイチャしたいって気分なのかな、多分。
「いや、別に帰りたくないし、川口とまだ一緒に居たいし」
「じゃあ文句ねーだろ」
 振り向きもせず川口は先を急ぐ。
「じゃあ、行くよ…俺も」
「嫌ならいいって」
 俺も一緒に居たいのに、なんだかうまく会話にならない。
 いつもはダラダラ歩く川口が足早に…気のせいか焦っているような気もする。
 公園までは徒歩で5分ちょっとの距離で、俺達はすぐにいつもの人気のないベンチに辿り着いた。

 無言のまま川口は指定席の左側に座り、ズボンのポケットに両手を突っ込んだ。
 俺もいつものように右側に座り、黙って川口と同じ景色を眺める事にした。
 遠くから6時を知らせるチャイムが聞こえてきた。公園で遊ぶ子供たちはとっくに帰ってしまって静かなもんだ。チャイムが鳴り終わるのと同時に粛々と宵闇が迫ってくる。
「大木、さっきの話の続きだけど…」
 真っ直ぐ前を向いたまま、川口が静かな声で言った。
「俺達って結局、男同士じゃん?」
「…ああ」
「でも付き合ってる…よな?」
「ああ」
 風の音や遠くの幹線道路から聞こえる車の音に混ざって、いつもよりしおらしい川口の声が不安気に揺れる。
「…男同士だけど……」
 そう言いかけて、一度下唇を噛んでから川口は恥ずかしそうにこちらを向いた。
「大木ともっと…色々したいって…思うのは…おか…しい…かな?」
「……いや、俺も…そう思うけど…」
 ちゃんと答えようと思えば思うほど、声が上擦る。
 緊張でこんなに手が汗ばむのは、先月川口に告白した時以来だ。
 でもあの時みたいに俺からも川口にちゃんと言いたい。
 とりあえずまた、深呼吸をした。
 すっげー恥ずかしくて、ドキドキして、足がすくむ。俺ってほんとヘタレだ。
「川口…いつか……さ」
「うん」
「っていうかいつでも、俺は川口と…キス以上の事してみたい」
「…俺も、大木となら、もっとやらしい事…したい」
 潤んだ目で、今にも泣きそうな声で、少し震えている右手で俺の左手に触れる川口が、俺の理性を壊そうとする。あれだけ短気で、文句ばっかり言って、すぐに人を殴るくせに、どうして俺と二人きりの時はこんな風になってしまうんだろう。
「やべぇって…川口…」
 体を向きなおして川口を引き寄せて、俺はゆっくりキスをした。
 唇を静かに押し当てて、温かくて柔らかいその感触をゆっくり味わった。
 少しずつ舌を動かして唇を開き、お互いの熱を確認するかのように舌を絡めた。
「…んぅ…っ」
 キスが長くなってくると川口は我慢できず声を漏らしてしまう。息苦しいのと、気持ちいのと両方なんだろうか、吐息混じりに艶っぽい声を出していつも俺にしがみつく。
 川口を抱えたまま唇を離すと、何か困ったような顔で俺をじっと見つめてきた。
「大木、後悔してない?」
「へ?」
「桜丘女子の子と別れて、俺と付き合って……後悔してない?」
 何言ってるんだ、今更な質問だ。
 その猫みたいな大きな目も、本当は恥ずかしがり屋なところも、甘え下手で短気なところも、好きでたまらなくて、今だってキスだけじゃなく押し倒してめちゃめちゃにしたいぐらい欲情してて、もっと声を聞きたくて、もっと体に触れたくて、俺は川口の全部が知りたくてたまらないっていうのに。
「バーカッ、後悔なんかしてねーよ」
「マジで?」
「もう、そういうの全然無い、後悔とかほんとにない。」
「そっか…」
 俺の腕の中で川口ははにかむように微笑んで安堵の息を漏らした。
「だからさ、川口。…覚悟しとけよ、この先」
「…何が…だよ?」
「お前と色んな事…したいから、これから…」
「ちょ……う、うん」
 真っ赤な顔で、でもまんざらでもない表情で川口は頷いた。
 もう一度抱きしめてから、おでこに、赤くなっている頬に、そして唇にキスをした。

  後悔なんて、するわけがない。
 川口が男だって事は俺にとって、もうだいぶ前に関係ない事になっていた。
 この先男同士で付き合っていけば色んな問題も出てくるだろうし、まだわからない事だらけだけれど、その問題やわからない事を一緒に解いていく相手が川口なら、それはそれでやっぱり幸せだ。

 …たとえヘマやって殴られてたとしても(笑)


END

web拍手にUPしてあった「Scapegoat」の続きでお礼用の小説でした。