kishiro episode-01

  理科準備室の鍵を俺が持っていたのは化学部部長の特権で、そこは俺たちが用を足す格好の場所となっていた。
 『用を足す』
 いつからその行為をそんな風に軽く思うようになったんだろう。少なくとも俺がキシロと付き合い始めた一年前は、その行為を『キシロを抱く事』をもっと大切に思っていたはずだ。

「奥寺、何考えてんだよ?」
 だらしなく着崩したYシャツ、胸元から見える白い肌に浮いた鎖骨が、いつも通り俺の唇に啜ればいいと誘っている。椅子に深く腰掛けたまま、キシロは面倒くさそうに俺を見上げていた。大きな瞳には艶やかに伸びた長い睫毛、脱色した金髪が冬の日差しに照らされキラキラと輝いている。少女漫画ばりの美少年だ、というのが初めて見た時の印象だった。
「さっさとやれよ?昼休み終わんだろーが。」
 しかし口を開いた瞬間そんな幻想もすぐに打ち消された。
 キシロは成績も素行も悪く学校も休みがちで、休み時間には体育館裏で煙草を吸う昔ながらの不良少年だった。
「…キシロ…そんな言い方すんなって…」
「いいじゃん別に、やりたいだろ?」
 赤い唇を尖らせて、俺と体を重ねる事を催促する。簡単に。
 キシロにとってその行為はもう呼吸のように当たり前の事になっているんだろうか。
「ん…、したいっちゃぁ、したいんだけどさ。」
 俺は大きなため息をついた。白い息が二人の間にふんわりと広がる。今朝は今年一番の冷え込みと、朝のニュースで言っていた事を思い出した。6畳ほどの理科準備室には残念ながら暖房設備が無い。冬になると先生が自前の電気ファンヒーターを持ち込むが、11月に入ったばかりの今はまだそのファンヒーターも置いていなかった。
「したいなら、早くやれよ」
 強引に俺を引き寄せると、キシロはそのまま深く唇を求めてきた。それが手順通りの慣れたキスでも、キシロの温かく柔らかい唇に触れるだけで、俺の体は芯から簡単に熱くなってしまう。スイッチが入ってしまえば結局もう止める事は出来ない。お互い満たされるまで、奥の奥まで求め合うだけだ。



 俺達の関係が始まったきっかけは、一年前の話に遡る。
 塾帰りに立ち寄った駅前のゲーセンで俺は偶然キシロと出くわした。人気格闘ゲームの対戦台で連勝をあげていたキシロは、眠そうな目を擦りながら対戦相手を次々と倒しギャラリーに囲まれていた。
「へぇ、柏葉すげぇじゃん」
 その頃俺はキシロの事を”柏葉”と苗字で呼んでいた。
 振り返ったキシロは俺の顔をじろりと見た後「奥寺も俺と対戦する?」と自信満々に言い放った。
「いいよ」
 そう答えて俺は丁度空いたばかりの対戦台に腰掛けた。
「せっかくだから、なんか賭けよーぜ?」
 ニヤニヤとキシロが挑発する。
「いいけど」
「じゃあ負けた方は勝った奴の言う事をなんでもきくってのはどうよ?」
 そう言ったのはキシロの方だった。多分連勝続きで相当自信過剰になっていたんだろう。
「いいね、じゃあそれで」
 コインを入れて、俺達はすぐにゲームを始めた。

 俺が中学の頃、そのゲームの全国大会で準優勝をした事をキシロは勿論知らなかったし、その事実を知っていれば、俺たちの関係が始まる事は無かっただろう。ズタボロに負け呆けていたキシロをゲーセンから連れだして、俺は約束通り無茶な注文を押し付けた。
「俺と付き合えよ、柏葉」
「はあ?」
 ひと気のない夜の親水公園にキシロの不満な声が響く。
 唖然とした顔で凝視するキシロの胸ぐらを、乱暴に掴んで引き寄せた。
「冗談じゃなく、マジで言ってる」
 息がかかるぐらい距離を詰めると、キシロも負けじと睨みつけてきた。
「奥寺、お前頭おかしいんじゃねーの?」
「おかしくねーよ、俺はお前がいいんだよ」
「キモいし、意味わかんねぇし」
「黙れって」
 華奢なキシロと、十年以上空手を続けてきた俺の腕力とでは圧倒的な差があった。強引に唇を奪って、そのまま頬へ、耳へ、そして首筋に舌を這わせると、キシロは抵抗するのをすっかりやめ、呼吸を乱し、頬を紅潮させていた。
「可愛いじゃん、柏葉」
「…う、うっせぇ…」
 多分キシロは何もかも初めてだったんだろう。その初々しさが余計に唆る。俺が耳元をくすぐるように舌を動かす度、キシロは声を殺して体を震わせた。
「感じてんの?」
「…ん…んーん、…ちが」
 こんな簡単にキシロを懐柔出来るなんて思ってもいなかった。ゲームの賭けはきっかけにすぎず、ほぼ腕力で制圧したようなもの。しかしキシロはすっかり自分を見失い、俺の愛撫に素直に反応してしまっている。
 流石にいつ人が通るかわからない公園でそれ以上の事は出来ず、その日はそこで終わりにした。シャツのボタンを留めるキシロの耳元で「約束だからな、俺と付き合えよ」と囁くと奴は何も答えず駅の方へ立ち去った。



 俺とキシロは同じ学年でもクラスは別で、決して親しい仲ではなかった。ゲーセンで会った時に”奥寺”という俺の苗字を覚えていた事が意外に思える程接点は少なかった。

 キシロの白い透き通るような肌に触れてみたい。
 そう思うようになったのは、一年の二学期から始まった数学の少人数教室でキシロの斜め後ろの席になった時からだった。それが俺とキシロの唯一の接点だった。
 自由な校風によって許されていたキシロの金色の髪は、くせっ毛なのかパーマなのかゆるくカールがかかっている。その髪の間にのぞく耳からうなじにかけてのラインに、こみ上げてくる衝動が性的なものだと気づくのに時間はかからなかった。
 男子校だからだとか、思春期だからだとか、性的に満たされたいとか、いろんな背景があったのだとは思うけれど、俺は日に日にキシロに対してモヤモヤとした想いを抱えるようになってしまっていた。
 そう、きっかけはそんな些細な事から始まり、キシロの物憂げな表情も、人を見る時睨みつけるような目つきも何もかもが胸の奥にひっかかるようになっていく。
 永遠に交わる事のない相手だからこそ、妄想の中でずっと犯し続けられる、そう思っていたのに、ある日突然俺はキシロを自分のものに出来るきっかけを得てしまった。


 ゲーセンの一件があった翌日の昼休み、体育館倉庫にキシロを呼び出すと素直に奴は現れた。4時間目はきっと体育だったのだろう。ルーズに着こなしたジャージ姿で、時間より少し遅れて現れたキシロは上目遣いで俺を見つめていた。ふと、ジャージの名札に目をやると、”柏葉”の”葉”の字がほとんど消えかかっている。
「…キシロ」
ふと俺はそう呟いていた。
「は?なんだそれ?」
キシロは首を傾げて俺の視線の先にある胸元の名札を確認した。
「ああ、柏だからキシロか…。葉の部分書く時、マジック薄くなってたから消えたんだよ」
「ふぅん」
 しばらく間があって、俺はしばらく無表情なままキシロを見つめていた。そんな視線に耐えられず先に口を開いたのはキシロの方だった。
「あのさ、奥寺って…」
「ん?」
「ホモなわけ?」
「いや、そうじゃない、と思う」
 男だからとか女だからとかそういう理由でキシロに惹かれたわけではない事はわかっていた。なので同性愛者と名乗るのは同性愛者に失礼な気がしてならなかった。
「じゃあなんなんだよ…あれ、昨日のは冗談…なわけ?」
「キシロがいいんだよ、俺」
「……キシロって…」
「キシロって呼んだっていいだろ。ゲーセンで賭けに勝ったのは俺なんだし」
 さほどその言葉に効力があるとは思ってもいなかった。抵抗されたらもうそれで終わりにしようと思っていた。引き返せる、まだ無かった事に出来る、あれは冗談だったんだと終わりに出来る。その予想を裏切る言葉をキシロが呟いた。
「じゃあ…いい、よ。」
 その言葉に背中を押されたような気がして、キシロの右手を掴んで引き寄せてみた。羽根が生えているかのように軽くキシロの体はふわっと自分の腕の中に収まった。
「賭けに負けたんだから、俺と付き合えよ…」
「付き合うって…俺が奥寺とセックスとかするって事?」
「…うん」
 確信めいたものがあった。何故か俺はこのままキシロを自分のものに出来るのだと、はっきりと感じていた。返答を待たず俺はキシロに唇を重ねた。柔らかく温かい、無抵抗な唇は静かに俺の舌を受け入れた。ゆっくりと舌を絡ませると、意識が飛びそうになるぐらい気持ちが良かった。妄想の中でキシロと何度も繰り返したどのキスよりも気持ちよかった。
「…わかった」
 唇が離れた瞬間、掠れた声でキシロがそう呟いた。
”賭けに負けたから”それは果たして本当の理由だろうか?
 もしかしたらキシロも俺に興味があったんじゃないか?そう聞けばよかったのかもしれない。でも答え合わせが怖くて、結局俺は尋ねる事が出来なかった。

 何がきっかけでもいい。
 ただ俺がキシロを抱く事が出来る権利があれば、今はそれだけでいいと思っていた。
 それが何もかも間違いだった。
(No.2へ続く)

しばらく台本以外の文章を書いていなかったのでリハビリがてら…。
奥寺とキシロがギクシャクしながら気持ちいいことしていくうちに泣いたり凹んだり。でも気持ちいいこともやめられない話しになると思う。