Deep clear sea

 初秋の頃、所用で実家へ帰省する事になった。
 帰省と言うと少し大袈裟だろうか。今住んでいるアパートがある駅は、実家から在来線を乗り継いで2時間もかからない場所にある。
 大学へ進学したのを機に一人暮らしを始めて数ヶ月経つが今回が初めての帰省だ。

 カンカンと路面電車の踏切の音が聞こえ始めると、僕は胸の奥をぎゅっと掴まれたような気持ちになった。高校時代毎日聞いたあの規則正しい踏切音が、彼の思い出と一緒にフラッシュバックして僕を追い詰める。
 ふと目線を上げると吊革越しに懐かしい風景が飛び込んできた。ホームの隅に佇む小さなベンチ。そこは間違いなく春まで通学していた高校の最寄り駅だった。
 衝動的に僕はその駅で電車を降りた。
 夕方の駅は思っていたより混雑しておらず、家路へ急ぐ人々が改札を出ると、ホームは水を打ったように静まりかえった。
 そのベンチは数ヶ月前と少しも変わらず同じ場所で僕を出迎えた。いや、数ヶ月と言わずベンチはもう何十年もここで時を過ごしてきたことだろう。
 誰もいなくなったホームで、久しぶりに僕はそのベンチに腰掛けた。あの頃と同じ少し左寄り、空いている右側にはいつも彼が座って居た。目の前の風景は何一つ変わっていないというのに、隣にいつも居た彼が居ない事が酷く不自然に感じる。

 あの頃野球部だった彼と吹奏楽部だった僕は、部活が終わった後このベンチで待ち合わせをして一緒に帰る約束をしていた。大抵僕の方が先に来て本を読んだり音楽を聞いて待っていた。

「ごめんなー、遅くなって。」
「いいよ、別に。」
「怒ってる?」
 遅れてきた彼はベンチの右隣に腰を降ろし、僕の頭を撫でるのが癖だった。僕らは他愛もない話しをしながら電車を何本か見送って、人気がない一瞬を見計らいキスをし、学生カバンの下で繋いでいた指先からお互いの感情を探り合った。

 「今日、家に寄ってけよ。」
 月に何度か誘われて、僕は彼の家で夕飯をごちそうになる事もあった。初めて彼の体を受け入れたのも、彼の部屋だった。それは思春期の僕らにとってごくあたり前の出来事で、互いを必要とする感情と関係に終わりが来るなんてこれっぽちも想像出来なかった。
  きっかけは彼の選択した進路に僕がケチをつけた事からはじまり、遠い北国の大学へ行くという彼を引き止めたくて子供じみた我儘を散々言った。最初は遠距離 でもいいから別れたくないと言っていた彼も、感情的で手の付けられない僕に閉口していた。あの時の僕は、どんな醜い顔で彼を睨みつけていたんだろう。どう して心に余裕が無くなってしまっていたんだろう。


 遠くから6時を知らせる鐘の音が聞こえてきた。僕は記憶を辿 りながらベンチの裏側に指先を伸ばして神経を尖らせる。そしてすぐにその跡を見つける事が出来た。彼がシャープペンシルの先で小さく彫ったKの文字。僕と彼の名前の頭文字は同じK。そのKの字を愛おしく指先でなぞった。その瞬間体の奥からこみ上げてきた感情に僕は驚いた。嗚咽が漏れそうになり、目頭が熱く なった。

 そうなんだ、僕はまだこんなにも彼を愛している。

 僕は再び電車に乗り、実家へ向かった。車窓から望む夜の海は静かで真っ暗だった。
あの漆黒の海に身を投げて僕が死ねば、彼は葬式に出る為にここへ来てくれるだろうか。僕の死に顔を見て恨み言を言いながら涙を浮かべて、遠くへ進学した事を後悔してくれるだろうか。あの頃のように、喪服姿の彼は人目を盗んで死んだ僕にキスしてくれるだろうか。
 そんなくだらない事を反芻した後、少しも死ぬ気の無い僕は、実家に置いてきた一通の手紙の置き場所の事を考えていた。彼の転居先の住所が書かれたその手紙は実家の自分の部屋の机の一番上の引き出しの奥にあるはずだ。
 あのベンチには彼が彫ったKの字の跡がまだ残っていた。その事を伝える為に手紙を書こう。同じ気持を再び共有できるか、間にあうか間に合わないか。
 それはわからないけれど。

恋愛お題ったーから2011年9月10日に出題されたお題を元に書きました。
TAKERUさんは、「夕方の駅」で登場人物が「頭を撫でる」、「跡」という単語を使ったお話を考えて下さい。
1,667文字 http://shindanmaker.com/28927 #rendai